北海道檜山北高等学校
 

部活動日誌

茶道部 >> 記事詳細

2018/01/22

相伝・2018

| by hiyamakta
今年度も茶道部3年次生6名全員が、茶道表千家入門と習い事の許状をいただくことができました。3年間、きっちりと活動してきたことが認められました。
1月19日(金)放課後、1・2年次部員が見守る中、3年次生6名に相伝が行われました。


お茶の前にお菓子をいただきます。「蓬が島」(よもがしま)という、おめでたい名前のお菓子だそうです。


相伝は改まった場なので、お茶は「濃茶」。
技芸講師の水本先生が自ら点ててくださいました。


お道具の拝見。茶杓や茶器を手にとって拝見します。
ひとつひとつのお道具が持つ雰囲気や気配を堪能しています。


お免状を無事にいただきました。水本先生と一緒に記念撮影。

今年の3年次生は、自分たちで工夫できるところは工夫しながら活動し、その上で伝統を守ってきました。その成果は、お免状をいただけたということで十分に現れたのではないでしょうか。
3年間、よく頑張りました。おめでとう!

これからは1・2年次生が3年次生の築いた茶道の心を受け継いで頑張っていきます。
あたたかく見守っていただければと思います。

17:26