北海道檜山北高等学校
 

檜山北高校のキャリア学習


 ◎卒業後、社会で生きるため・働くため

  必要な力や考え方を身に付ける

 ◎自分の将来の生き方や進路について

  考える能力を身に付ける

 上記の2つを目標事項として、3年間を通じて学びます。
 本校では、1年次の「産業社会と人間」の授業を「キャリアⅠ」、
 2年次の「総合的な学習の時間」の授業を「キャリアⅡ」、
 3年次後期のLHRの時間の一部を「キャリアⅢ」として、
 キャリアに特化した学習を進めています。



具体的には、
 1年次 ①職場見学(企業人説明会、函館の企業を中心に職場見学、年次発表など)
      ②ソーシャルスキル学習(上手に話を聴くスキルや感情のコントロールするスキルを学ぶなど)
      ③究極の自己紹介(自己分析・HR発表・年次発表など)
      ④上級学校見学(事前調査・函館の学校を中心に上級学校見学・年次発表など)
      ⑤社会認識Ⅰ(社会で起きていることをグループ調査、発表など)

 2年次 ⑥地域理解(地域理解講義・せたな町、今金町の巡検・巡検新聞作成など)
      ⑦インターンシップ(履歴書作成・事前訪問・2日間の職場体験実習など)
      ⑧ディベート(マイクロディベートなど)
      ⑨社会認識Ⅱ(平和学習・見学旅行研修計画作成など)
      ⑩ライフプラン(テンクエスチョンゲーム・HR発表など)

 3年次 ⑪調査活動研究(テーマに関する情報の収集・プレゼンテーションなど)




 
 もちろん、キャリアの時間だけでなく、各教科の授業、部活動、学校行事など、

 あらゆる学校での活動がキャリア学習の場であると考えています。