北海道檜山北高等学校
 

検索

カウンタ

COUNTER1266904

 

檜山北高ニュース

檜山北高ニュース
12345
2022/10/13

保育体験を行いました【生活と福祉】

| by hiyamakta
9月26日(月)3・4時間目に、2年次生の選択科目「生活と福祉」の授業において、
せたな町の保健師の方をお迎えして保育体験を行いました。

様々な育児に関わる体験をするため、「抱っこ体験」「妊婦体験」「調乳体験」の
3種類の体験を行いました。


「抱っこ体験」の様子です。保健師の方からの説明を真剣に聞いています。
コロナ禍でなければ、実際に町内に住んでいる乳幼児がいらっしゃる親子の方たちに
参加していただいて実際にふれあう体験なのですが、
それが難しいため赤ちゃんの人形を使って行いました。




しっかり頭を支えてあげます!
抱っこだけではなく、着替えやおむつのつけ方も体験しました。


「妊婦体験」の様子です。交代で妊婦体験セットをつけて全員が体験しました。


横になる・起き上がるだけでも大変です!

靴ひもを結ぶのも洗濯物を干す・取り込むのもお腹に気をつけなければなりません。



「調乳体験」の様子です。自分たちで調乳して実際に飲んでみました。

ちょうどいい温度かどうかを確認中。
どんな味だったでしょうか?

ミルクだけでなく、月齢ごとの離乳食の試食も行いました。
形状や味の違いを感じ取っています。


3つの体験をローテーションで行い、最後に代表生徒から講師をしていただいた
保健師の方へお礼の言葉を述べて体験を終了しました。


様々な体験をしながら感じたことがその後のレポートに多く書かれていました。
「実際に人形ではなく赤ちゃんだったら動いたりもするので精神面での疲労も出てきそう」
「妊婦体験では階段の上り下りがきつく、靴紐も結べなくなるので、自分も将来妊婦をサポートしてあげられるような人になりたい」
「ミルクを作る作業が思っていたより大変で、これを1日に何回も作るお母さん方は本当にすごい」
「自分の親がたくさん苦労して育ててくれたことを改めて知った」

他にもたくさん感じたことが書かれており、今回の体験で保育についてじっくりと考える良い機会となりました。
せたな町の保健師のみなさんありがとうございました。


13:18
2022/10/08

開校50周年記念講演会

| by hiyamakta
本校は今年度で開校50周年を迎え、
10月6日(木)に開校50周年記念講演会を行いました。


はじめに、開校50周年記念事業協賛会会長の森川さんより挨拶と講師紹介をしていただき、
講演が始まりました。

講師は、演劇ユニット TEAM NACS のリーダーでもある森崎博之さんにお越しいただき、
「生きることは食べること」というテーマで講演していただきました。

森崎さんに心配されるほど生徒のみなさんは緊張していた様子でしたが、
講演が進むにつれて緊張もほぐれていったようでした。

はじめは森崎さんの自己紹介やリーダー論、北海道が大好きだというお話をしていただきました。
また、事前に全校生徒・教員が答えたアンケートをもとに、その中からいくつかのものに、
森崎さんが「ティーチャー森崎」として回答していただきました。


農業やSDGsに関するお話もたくさんしていただきました。



食料自給率(カロリーベース)のお話もしていただきました。
外国産の安い野菜と、それに比べると高いけど国内産・北海道産の野菜、
あなたはどちらを買いますか?


農業を応援したい!という熱い思いが終始あふれた講演会でした。


最後の質問コーナーでは、生徒からの質問にも丁寧に答えてくださいました。



佐藤校長・生徒会長からの謝辞を述べさせていただきました。


生徒会長から森崎さんへ花束贈呈です!

講演会が終わり、森崎さんは体育館を出るまでみなさんに手を振っていただきました。


本講演会の開催につきましては、せたな町・今金町の両町より多大なるご支援をいただき実施することができました。誠にありがとうございました。
50周年にとどまらず、この先も生徒・教職員ともに檜山北高校の発展に努力していきたいと思います。


13:31
2022/09/08

浴衣着装体験を行いました【生活教養】

| by hiyamakta
8月25日(木)の3・4時間目に、3年次生の選択科目「生活教養」において、
浴衣着装講座を行いました。
函館市の小林豊子きもの学院の講師の方々をお迎えして、
男子・女子の浴衣の着方をそれぞれ教えていただきました。

まずは一通り男女の浴衣の違いと着付けの違いを見せていただきました。

女子の浴衣の帯も自分たちで結びます。しっかり見て覚えています。


いよいよ浴衣着装の実践です!

講師の方から丁寧に教えていただきました。

女子は帯の結び方に一苦労です!

男子も講師の方に帯の結び方を教えてもらいながら頑張って着付けていました。

なんとか自分で着付けることができました!男子集合の写真です↓


ただ着ただけでは終わりません。浴衣についてのお話をしていただきました。


礼の種類も教えていただきました。お互いに向き合って礼の練習です!

もう少し浴衣を着ていたいところですが、片付けるところまでが着装です。
浴衣のたたみ方も教えていただきました。

どこで折りたたむかが重要です!



最後に、代表生徒からお礼の言葉を述べて講座を終了しました。
今年度も地域のお祭りが中止となっており、浴衣を着る機会がない中での
今回の講座だったので久しぶりに浴衣を着られて良かったという生徒もいました。
逆に、はじめて浴衣を着たという生徒もおり、これをきっかけに浴衣に
親しんでもらえればと思います。


※撮影時のみマスクを外しています。


19:42
2022/07/21

第144回全商ビジネス計算実務検定試験で1級合格

| by hiyamakta
 第144回全商ビジネス計算実務検定試験(主催:全国商業高等学校協会)において、商業科目を選択している生徒2名が、1級に合格し、校長室にて1級合格の表彰伝達を行いました。
 本検定試験は、ビジネスの諸活動に必要な計算の基礎になる考え方や計算能力の向上を図ることが中心です。そろばんでは計算技術が向上し、暗算能力も付き、電卓では複雑な計算も簡単にこなすことができます。そろばんや電卓を利用し、実務計算処理能力を判定するのがビジネス計算実務検定試験です。そのような試験の上位級に合格した3年A組 安藤夕陽さん、B組 伊藤颯紀さんの2名には、他の検定でも引き続き努力を重ね、上級を取得できるように頑張ってもらいたいです。


(写真:左 3年A組 安藤 夕陽  写真中央 3年B組 伊藤 颯紀)

17:22
2022/07/21

高校生のための金融リテラシー講座を行いました

| by hiyamakta
7月14日(木)3・4時間目の1年次家庭基礎の授業にて、
日本郵便北海道支社金融営業部コンサルティングアドバイザーの
池田様を講師にお迎えして、「高校生のための金融リテラシー講座」を行いました。

今年度より、高校家庭科の授業内容に金融教育が含まれたこともあり、今回の出前講座を実施しました。

まずは、家計管理とライフプランニングについて講義形式で学びました。

その後、将来設計に必要なお金についてグループごとにテーマを決めてグループディスカッションを行いました。
選ぶテーマは様々ですが、大学進学する場合・持ち家を購入する場合・車を購入する場合・結婚する場合…などにおいて、
どのようなことが考えられるか、どのくらいのお金が必要になってくるのか、何に気をつけたらいいか…などを話し合いました。


みんな真剣に考えていました!

郵便局の方からのアドバイスも参考にしながら話し合いをしていました。


グループディスカッション後には、各グループで話し合った内容を代表の生徒が発表しました。
どのグループもしっかりとした考えを持っていて感心しました。


その後、お金を使う・貯める・増やすということについて講義していただきました。
生きていくうえで必要となるお金について大事なお話を聞くことができました。
真剣に資料を読み込んでいます。


最後に、代表生徒からお礼の言葉を述べて講座を終えました。


今年の4月より成人年齢が18歳となりました。
この講座を受けた1年次生は2年後には成人をむかえ、1人で様々な契約等をすることができます。
近いところで言えば、卒業後に奨学金を借りたり車を購入したりと
大きなお金の話が多くの生徒にかかわってくると思います。
この講座から、自分のライフプランについてお金の面でも考えてくれればと思います。


日本郵便北海道支社のみなさんありがとうございました。


17:02
2022/06/08

野球グラント整備のボランティア活動へ感謝状

| by hiyamakta_s

せたな町内の建設会社である松本建設株式会社(松本 省吾 代表取締役社長)の社員の皆さんが526日に本校の野球部グランドの整備を行った。6月8日には、松本建設への感謝状が授与された。同社は毎年野球グランドの整備を行っている。松本社長は「ぜひ、これから開催される選手権大会で勝利を目指し、チーム一丸となって頑張ってほしい」と野球部を激励した。感謝状の授与の際、同校野球部主将の花田 駿さんは「グランドを整備していただき、昨年より更に状態のよい中で安全に楽しく練習ができています。感謝の気持ちを込めて、選手権大会に全力で臨みたい」と感謝の気持ちを述べた。


17:24
2022/06/08

今金高等養護学校の生徒たちと 3年ぶり合同植栽「花いっぱい運動」

| by hiyamakta_s
 6月7日に同校の単元「生活活用」の授業の一環として毎年行っている「花いっぱい運動」が行われました。また、今金高等養護学校との合同植栽は3年ぶりの開催となりました。農業教科の科目「生活活用」を選択している3年生12名が今金高等養護学校の生徒たちと、今金町立今金小学校前の花壇に自分たちで育てたベコニアの鉢花300株を植えました。花いっぱい運動に参加した同校3年生の菅又 雷夢さんは「今金高等養護学校の生徒と協力して、地域のために花壇づくができて良かった。地域が華やかになればうれしい」と感想を述べた。農業を指導している小松教諭は「生徒たちが愛情を込めて育てたベゴニアを今金小学校の児童を含め、地域の皆さんに喜んでもらいたい」と話していた。

17:07
2022/05/14

交通安全教室

| by hiyamakta
5月10日(火)に本校で交通安全教室(主催:JA共済連全国本部運営事務局、北海道警察函館方面・せたな警察署)を実施いたしました。

シャドウプロダクションのみなさまによる「スケアード・ストレイト教育技法」という方法で行っていただきました。
実際の事故を再現していただいたことで、生徒も実感を持って事故の恐ろしさを考えることができ、今後の生活の中で、しっかりと交通ルールを守るという意識を持つことができました。



全校生徒が参加しました!


自転車の危険運手による事故の再現


迫力のある事故の再現


「ルールを守れば、ルールがあなたを守ってくれる」


生徒も体験させていただきました!


シャドウプロダクションのみなさま、ありがとうございました。



14:43
2022/04/25

農場日誌がスタートしました!

| by hiyamakta_s
活動内容「農場から」は【こちらから
17:44
2022/04/22

令和4年度 生徒総会

| by hiyamakta_s
 2022年4月22日(月)に「生徒一人一人が生徒会の一員であることを自覚し、生徒総会の場を通して学校生活の向上を目指す。」を目的に令和4年度生徒総会が開催されました。令和4年度の活動計画、予算案、学校祭等について審議され、すべての議題が承認されました。 また、各年次から議題提起され、活発な討論が行われました。








13:47
12345