北海道檜山北高等学校
 

活動紹介

「大学や専門学校ではどんなことを学ぶの?」、「社会にはどんな仕事があるの?」という疑問や、「就職か進学か迷っている」、「将来何がしたいのかわからない」という思いは、ほとんどの高校生が抱いているものだと思います。総合学科である本校では、幅広い進路希望をもつ生徒1人ひとりが卒業後の進路について真剣に考え、希望する道に進むことができるように、さまざまなサポートを行っています。ここでは、檜山北高校の進路に関する活動を紹介します。


○大学進学希望者
 夏期・冬期講習・・・全年次、長期休業を利用して5日間の講習を行っています。

           授業で取り扱えないハイレベルな内容の講習に参加することで

           更なる学力向上を目的としています

 放課後講習・・・3年次を対象として6月頃から放課後に1時間×2コマで

         各科目の講習を行っています。受験本番に向け、学習習慣を

         定着させ、勉強に向かう姿勢を養います。

○公務員希望者

 公務員講習・・・昼休みを利用して2年次11月頃から講習を実施しています。

         公務員試験は時期が早いことから、2年次の段階から対策が

         始まります。

 就職講習・・・外部講師の協力も得ながら、求人票の見方、履歴書の書きなど

        丁寧に指導を行います。

○全進路対象

 進路相談会・・・本校体育館に大学・短期大学・専門学校・各企業・団体をお招き

         し、ブース毎に説明をしていただきます。

 職業説明会・・・1,2年次を対象に、講師の方に様々な職業について説明して

         いただきます。

 進路オリエンテーション・・・それぞれの年次に応じて、今後の進路活動ですべき

               ことや、進路に関する情報について学びます。

 職業適性検査・・・1、2年次を対象に実施します。今年度は、各自の結果をもとに

          講師の方に講話していただく予定です。

 面接練習・・・全教員が講師となり、礼法指導や、面接の流れの確認、質問の受け

        答えの練習など、多い生徒で10回以上の練習を行っています。

 各種面談・・・担任とはもちろんのこと、年次の教員、キャリアガイダンス部の教員

        など、進路に関する悩みをいつでも相談できます。 

 

○模試(大学・看護・公務員)
 模試を受験することで、全国の中での自分の位置や弱点分野を確認し、これから

 何をすべきなのかを把握します。3年生の6月には、大学受験者を対象に、函館

 での模試受験を実施しております。


檜山北高校ではどんな進路希望も叶えることができるよう、教員によるサポート体制がが整っています。


進路1~3年次 年間スケジュール.pdf