北海道檜山北高等学校
 

部活動日誌

陸上競技部
12
2019/09/04

陸上競技部 函館支部新人大会結果 3名全道大会へ

| by hiyamakta
 8月24日(土)・25日(日)の2日間、函館市千代台公園陸上競技場で開催された、第52回道南高校新人陸上競技大会兼第35回北海道高等学校新人陸上競技大会函館支部予選会に、4名の選手が参加しました。ご報告が遅くなり、大変申し訳ございません。
 高体連支部大会以降、新キャプテンのもと、新体制となりました。男子1名、女子3名と、ここ数年にはない、少ない人数での練習の日々が続きました。途中、3年生が一緒に汗を流してくれたり、卒業生が応援に来てくれたりと、周囲の支えにも助けられながら、当日まで頑張ってきました。その成果が試される最初の大会となったわけですが、全員が出場種目すべてで入賞を果たし、そのうち3名が全道大会進出を決めることができました。
 
 今大会の結果は、以下の通りです。

 男子 800m 西田(2B) 2位 全道大会進出
    400m  西田 8位
 女子 やり投 小守林(2B) 3位 全道大会進出
    400m 熊谷(2A) 5位 全道大会進出
    ハンマー投 伊勢(2A) 4位
    200m 熊谷 6位
    砲丸投 小守林 6位
    円盤投 伊勢 6位    

 全道新人大会は、9月18日(水)~20日(金)に函館市千代台公園陸上競技場で開催されます。3名ともまずは予選を突破し、今回の以上の結果、自己記録を出せるように、大会までの練習にしっかり取り組みたいと思います。引き続き、ご声援、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。
14:51
2019/06/25

陸上競技部 高体連全道大会 結果報告

| by hiyamakta

 6月18日(火)から20日(木)の3日間、帯広市帯広の森陸上競技場で開催された、第72回北海道高等学校陸上競技選手権大会に男子5名、女子2名が参加しました。結果は以下の通りです。

 

【 成績 】

男子400m 瀧澤(3A) 予選敗退 27位(56人中)
男子4×400mR 竹村(3A)・瀧澤・西田(2B)・菊池(3A)

        予選敗退 37位(57校中)
女子砲丸投 沖崎(3C) 予選敗退 16位(51人中)
女子やり投 沖崎 予選敗退 21位(51人中)
  〃   小守林(2B) 予選敗退 32位(51人中)

 残念ながらすべて予選敗退となってしまいましたが、男子4×400mRや女子砲丸投では、自己(チーム)記録更新を果たし、大きな舞台でも力を発揮することができました。

 大会出場にあたり、多くの皆様からご声援やご協力をいただき、ありがとうございました。部全体としては、8月に開催される函館支部新人大会に向け、夏の練習に取り組み、9月、地元・函館での全道新人大会に一人でも多くの選手が出場できるよう頑張っていきたいと思います。
 なお、引き続き、新入部員を大募集中です。陸上競技に少しでも興味がある1年生、個人での成長を実感できる陸上競技で、一緒に走ったり、投げたり、跳んだりしてみませんか。お待ちしています。

 これからも陸上競技部への応援、どうぞよろしくお願いします。



08:30
2019/05/27

陸上競技部 高体連支部大会結果報告 女子フィールド部門3位!

| by hiyamakta
 5月23日(木)~25日(土)に函館市千代台公園陸上競技場で「第72回函館支部高等学校陸上競技選手権大会」が開催されました。
 選手11名、各種目に満身創痍、全力で臨み、以下の選手が全道大会進出、または入賞を果たしました。

【全道大会進出決定!】
男子 瀧澤(3A) 400m・優勝
   4×400mR・5位
   竹村(3A)・瀧澤・西田(2B)・菊池(3A) 高島(3C)          
女子 沖崎(3C) やり投・2位、砲丸投・3位    
   小守林(2B)やり投・3位

【入賞者】
男子 瀧澤     800m・5位
   西田     800m・8位
   4×100mR・6位 竹村・瀧澤・西田・菊池  
女子 中村     ハンマー投・4位
   小守林    走高跳・5位、砲丸投・7位
   熊谷(2A) 400m・6位、100m・7位、200m・7位
   沖崎     円盤投・6位
   伊勢(2A) ハンマー投・6位
   土橋(3C) 800m・7位

 その結果、入賞した順位によって与えられる点数により、学校対抗の女子フィールド部門で第3位に入賞しました。練習をがんばることで、地域に関係なく、十分戦えるということを認識でき、また、自信にもなっていると思います。
 また、年々、男女とも、トラック競技での上位入賞、活躍が目立ってきています。今回、男子4×400mRでは、予選でタイムで拾われ、決勝8チームに残りました。その中で5位までに入らなければ全道大会出場とはなりません。決勝では、市内の常連校が名を連ねていました。個々人の400mでのタイム、いや、自己ベストを一人2秒程度は縮めなければ、全道大会へは届きません。しかし、本校の選手は100%どころか150%以上の走りを見せ、最後、アンカーは迫りくる他校の選手をふりきって5位でフィニッシュしました。レース後、選手はもちろん、チームメイト、顧問全員で喜びを分かち合いました。
 当日、応援してくださった皆様、ありがとうございました。全道大会は6月18日(火)からの4日間、帯広市で開催されます。全道大会に向け、日数が限られていますが、充実した練習を行い、全道大会でも好記録を出せるように頑張っていきます。

16:30
2019/05/13

陸上競技部 道南選手権結果報告

| by hiyamakta
 今シーズン3戦目となる、そして、来週5月23日から開催される高体連函館支部大会に向けた良い練習の機会、前哨戦として、道南選手権大会に11名が参加しました。これまでの大会に比べると、コンディションは良かったものの、肌寒いところもあり、よく頑張ることができたと思います。

 前回の春季大会に続き、入賞を果たした選手や自己記録更新を果たした選手が多く、次回の大会に向け、コンディションをしっかり整え、持っている力を十分発揮しようという意識を高めることができたようです。特に、3年生の瀧澤は、男子400mで自己ベストの記録を出して、堂々の優勝を果たし、今後も期待できます。

 いよいよ、インターハイ函館支部大会を迎えます。大会に向け、競技に対する個々人のモチベーションは、非常に高くなっていきています。今後は、チームの結束力をより強いものにしていきながら、選手一人一人は、ケガをせず、体調をしっかり整え、日々の練習に取り組み、さらなる記録の更新、全道大会出場を目指して、頑張らせたいと思います。今後ともご声援をよろしくお願いいたします。

★第52回道南陸上競技選手権大会 大会結果★ 入賞者
  共通男子 400m 瀧澤(3A)優勝
       800m 瀧澤 4位、西田(2B)6位
       3000mSC 高島(3C)5位
       4×100mR  竹村(3A)・瀧澤・西田・菊池(3A)8位
  共通女子 やり投 沖崎(3C)2位、小守林(2B)4位
       走高跳 小守林 3位
       3000m 土橋(3C)4位
       ハンマー投 中村(3A)4位、伊勢(2A)5位
       砲丸投 沖崎 5位
       円盤投 中村 7位
12:07
2019/05/07

陸上競技部 道南春季大会結果報告

| by hiyamakta
2019年の陸上競技シーズンが始まりました。現在、選手13名、顧問3名で活動しています。

 さて、高体連支部大会に向けた良い練習の機会、前哨戦として、GW10連休最初の4月27日(土)・28日(日)に函館市千代台公園陸上競技場で開催された「道南春季大会」に2・3年生の11名が参加しました。入賞した選手は、自信と安堵の気持ちになったと同時に、高体連支部大会まであと一か月弱となり、今後どのような練習に取り組んでいくべきかを見つけることができました。また、思うような結果が出なかった選手も、下を向くことなく、今後の練習にしっかり取り組もうという前向きさが感じられ、顧問としてもさらなる向上を願っているところです。

 GW中には、スプリング記録会、5月11日(土)・12日(日)には「道南選手権」が開催されます。高体連支部大会前の最後の大会等を経て、いよいよ本番です。体調管理やケガに注意しながら、日々の練習を充実させ、さらなる記録の更新、そして、一人でも多くの選手が高体連全道大会出場権を獲得できるよう、頑張っていきたいです。今後とも応援よろしくお願いいたします。

★第74回道南春季陸上競技大会 大会結果★ 入賞者
高校男子800m   瀧澤(3A)3位、西田(2B)4位、菊池(3A)8位
    やり投    竹村(3A)5位
    3000mSC 高島(3C)6位
    400m     菊池    8位
    1500m   西田    8位
    4×100mR 竹村・瀧澤・西田・菊池 8位
高校女子やり投    沖崎(3C)3位
    ハンマー投  中村(3A)3位、伊勢(2A)5位
    砲丸投    沖崎    4位
    200m   熊谷(2A)5位
    円盤投    中村    8位
    4×100mR 沖崎・熊谷・伊勢・中村 8位

※ 現在、新入部員(1年生)が「0」という状態です。しばらくなかった事態です。現部員の多くも、中学校時代までは陸上競技を本格的に練習したことがない、初心者ばかりですが、毎日の練習の積み重ねで、少しずつ結果を出し、全道大会出場へ至っています。スポーツに興味がある、運動が好き、他の人より少し走るのが速い、ボールを投げられる、跳躍力があるという生徒、陸上部に入部しませんか。
08:30
2018/10/04

陸上競技部 道南秋季大会報告・シーズン回顧

| by hiyamakta
 平成30年9月29日(土)・30日(日)の2日間、函館市千代台公園陸上競技場で開催された、第48回道南秋季陸上競技大会に男子9名、女子6名が参加しました。
 この大会は、今シーズン最後の公式大会で、高校生と大学生・一般が同じカテゴリで順位を争いました。1・2年次生は、これまで取り組んできた種目のまとめとして、または、来シーズンに向け、自分の可能性を探るという目的のもとに参加しました。3年次生は、受験を控えた中ですが、高校生活3年間取り組んできたことを最後に確かめる意味合いで参加しました。結果は選手一人ひとりいろいろでしたが、来シーズンに向け、これから長いオフシーズンにやるべきことは何かといった課題を見いだすことができたのではないかと思います。

【 大会結果 】 入賞等主なもの
【男子】ハンマー投 小澤(3C)第2位
    やり投   竹村(2A)第6位、廣田(3C)第8位
    400m    菊池(2A)第8位
    800m    西田(1A)第8位
【女子】ハンマー投 寺分(3C)優勝、伊勢(1A)第3位
    やり投   沖崎(2C)第2位、小守林(1B)第3位、
          平田(3A)第6位
    砲丸投   沖崎 第3位、小守林 第5位
    走高跳   小守林 第4位
    100m    熊谷(1B)第6位
    200m    熊谷 第7位
    円盤投   伊勢 第8位

 さて、今シーズンを振り返りますと、昨シーズンに続き、大変実りの多いシーズンとなりました。函館支部大会を勝ち抜き、または全道大会参加標準記録を突破して、全道規模の大会に多くの選手が出場することができました。フィールド部門では、女子が高体連支部大会、高体連支部新人大会で連続優勝(昨年度から4回連続)しました。また、全道大会でも入賞した者もおり、全道レベルであっても十分に戦える、そして、夢舞台であるインターハイへの道も十分にあるということを、本人はもちろん、一緒に練習している部員たちも感じることができたと思います。また、トラック部門においても、個人、リレーともに好成績を収めるようになってきており、来シーズンに向けても大いに期待できるチームになったと実感しています。
 これから4月中旬までの半年間、長いオフシーズンになります。今、各自が心に刻んだ目標やあらゆる気持ちを忘れることなく、基礎練習や体力・筋力向上、各種補強に地道に取り組んでいき、来シーズン、さらなる活躍をさせたいと顧問としては考えております。
 これまで、選手の保護者の皆様をはじめ、多くの方のご支援をいただきましたことに深く感謝申し上げます。今後とも、引き続き、皆様のご協力、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。
14:50
2018/09/27

陸上部 大会報告 全道新人大会で女子1名入賞!

| by hiyamakta
 平成30年9月19日(水)から21日(金)の3日間、帯広の森陸上競技場で開催された、第34回北海道高等学校新人陸上競技大会に男子3名、女子4名が参加しました。開催地帯広の天候は、時折、風が強く吹くことはありましたが、晴天に恵まれ、大会に参加した選手は非常にコンディションの良い状態で競技に臨めたものと思います。
 その中で、女子やり投において、2C沖崎優衣が6位入賞を果たしました。彼女は函館道南支部では常に入賞する常連ですが、今回、高校入学後、初の全道大会での入賞となり、来年のインターハイ全国大会出場がいよいよ近くなったことを実感できる結果を残しました。この種目は全国大会出場権が6位までです。また、やり投では、男子の選手も決勝に進出を果たすなど、「フィールドが強い檜山北高校」という印象を、この大会を含め、シーズンを通して他校に印象づけられたのではないかと思われます。すべての結果はこの文章の最後に掲載しました。
 しかし、今回はあくまでも全道新人大会。目標は、2019インターハイ。勝負はこれからです。来年の5月に行われる函館支部大会、6月の全道大会(帯広)を勝ち抜き、8月の全国大会(沖縄県)に出場できるよう、今後も練習に励ませたいと考えています。
 今シーズンの大会は、今週末に開催される函館秋季大会のみとなり、大会を終えると長いオフシーズンを迎えます。春からの技術練習、スピード練習等にスムーズに入れるだけの基礎体力をしっかり身につけさせたいと思います。
 これまで、選手の保護者の皆様をはじめ、多くの方のご支援をいただきましたことに深く感謝申し上げます。ありがとうございました。今後とも、引き続き、皆様のご協力、ご声援のほど、よろしくお願いいたします。

【 大会結果 】
男子やり投 竹村(2A)予選通過 → 決勝10位(19人中)
  800m  瀧澤(2A)予選敗退(51人中32位)
  棒高跳 神田(1A)決勝 NM(記録なし)
女子やり投 沖崎(2C)予選通過 → 決勝6位入賞(10人中)
      小守林(1B)予選敗退(45人中25位)
  ハンマー投 伊勢(1A)決勝13位(17人中)
        中村(2A)決勝14位( 〃 )
  砲丸投 沖崎 予選敗退(42人中18位)
  円盤投 中村 予選敗退(47人中45位)
  走高跳 小守林 予選敗退 NM(記録なし)
13:59
2018/08/27

陸上競技部 大会報告 道南支部新人大会で女子フィールド部門優勝!

| by hiyamakta
 8月25日(土)・26日(日)の2日間、函館市千代台公園陸上競技場で開催された、第51回道南高校新人陸上競技大会兼第34回北海道高等学校新人陸上競技大会函館支部予選会に、11名の選手が参加しました。
 高体連支部大会以降、新キャプテンのもと、新体制となりました。そこから約3か月、夏休みみ期間の練習を経て、その成果が試される最初の大会となりました。
 結果としては、学校対抗の女子フィールド部門において、高体連支部大会に続き、優勝を果たしました。この結果は、昨年度の高体連支部大会から4大会連続ということになります。総合でも第4位と、トラック部門も健闘しました。また、男子は総合、各部門とも3位以内の入賞とはなりませんでしたが、各種目での入賞者は多数となり、結果として総合第6位でした。選手一人一人は、力が着実に向上できていることを実感できたのではないかと思います。今大会での入賞者および順位は、以下の通りです。

 男子 800m     瀧澤(2A) 2位 全道大会進出
           菊池(2A) 6位
    やり投    竹村(2A) 2位 全道大会進出
    棒高跳    神田(1A) 2位 全道大会進出
    4×100mR 菊池・瀧澤・福士(1A)・竹村 5位
    3000mSC 西田(1A) 5位
    1500m   西田 6位
    4×400mR 竹村・瀧澤・西田・菊池 7位
 女子 やり投   沖崎(2C) 優勝 全道大会進出
          小守林(1B)3位 全道大会進出
    ハンマー投 伊勢(1A) 優勝 全道大会進出
          中村(2A) 2位 全道大会進出
    走高跳   小守林 3位 全道大会進出
    砲丸投   沖崎 3位 全道大会進出
    円盤投   中村 3位 全道大会進出、伊勢 5位
    4×400mR   熊谷(1B)・伊勢・小守林・中村 4位
    200m     熊谷 5位    

 以上の結果、7名の選手が9月19日(水)~21日(金)に帯広市帯広の森陸上競技場で開催される全道新人大会に出場することになりました。今回の結果以上の自己記録を出せるように、大会までの練習にしっかり取り組みたいと思います。引き続き、ご声援、ご支援のほど、よろしくお願いいたします。

10:39
2018/06/27

陸上競技部 高体連全道大会 男女各1名入賞!

| by hiyamakta

 6月12日(火)から15日(金)の4日間、札幌市厚別公園陸上競技場で開催された、第71回北海道高等学校陸上競技選手権大会に男子2名、女子5名が参加しました。結果報告が大変遅くなりましたことをお詫びいたします。
 その中で、女子ハンマー投において、3C寺分梨乃が6位入賞を果たしました。この種目は全国大会出場権が4位までに与えられるということで、惜しくも全国大会出場とはなりませんでしたが、4位とは1m85cmとそれほどの差はなく、昨年以上に自身の記録を伸ばすことができての入賞でした。
 また、男子八種競技では、3A小池遥之が8位入賞を果たしました。八種競技とは、走・跳・投の8種目それぞれの記録に点数が与えられ、その総合得点で順位を争う競技で、陸上競技の総合力が問われます。小池は400mと1500mの2種目を制覇することができ、堂々の入賞となりました。
 その他、出場選手すべての結果は以下の通りです。
 大会出場にあたり、多くの皆様からご声援やご協力をいただき、ありがとうございました。部全体としては、8月に開催される函館支部新人大会に向け、夏の練習に取り組み、9月、帯広での全道新人大会に一人でも多くの選手が出場できるよう頑張っていきたいと思います。
 今後もどうぞよろしくお願いします。

【 成績 】
女子ハンマー投 寺分(3C) 6位入賞(29人中)
男子八種競技  小池(3A) 8位入賞(27人中)
  各種目の総合順位
  100m-4位  走幅跳ー9位 砲丸投ー5位 400mー1位
  110mHー20位 やり投ー5位 走高跳ー17位 1500m-1位

男子棒高跳  廣田(3C)  決勝 NM(記録なし)
男子400m  小池(3A)  予選 DNS(棄権)

女子三段跳  大槻(3C)  決勝 21位(27人中)
女子七種競技 大槻      決勝 24位(27人中)
女子棒高跳  平田(3A)  決勝 NM(記録なし)
女子やり投  沖崎(2C)  予選敗退 21位(56人中)
  〃    小守林(1B) 予選敗退 36位( 〃 )
女子砲丸投  沖崎      予選敗退 26位(55人中)
女子走高跳  小守林     予選敗退 NM(記録なし)




20:34
2018/05/29

陸上競技部 高体連支部大会結果報告 女子総合3位!

| by hiyamakta
 5月24日(木)~26日(土)に函館市千代台公園陸上競技場で「第71回函館支部高等学校陸上競技選手権大会」が開催されました。
 選手19名、各種目に全力で臨み、以下の選手が全道大会進出、または入賞を果たしました。

【全道大会進出決定!】
男子 廣田(3C) 棒高跳・優勝
   小池(3A) 400m・2位、八種競技・2位
女子 大槻(3C) 三段跳・優勝、七種競技・2位
   沖崎(2C) やり投・優勝、砲丸投・5位
   寺分(3C) ハンマー投・優勝
   平田(3A) 棒高跳・優勝   
   小守林(1B)走高跳・3位、やり投・3位

【入賞者】
男子 4×400mR 6位
    ~ 菊池(2A)・瀧澤(2A)・小池・木南(3B)
   小澤(3C) ハンマー投・6位
   4×100mR 7位
    ~ 菊池・小池・瀧澤・木南
   瀧澤 1500m・7位
   西田(1A) 3000mSC・8位
女子 寺分 円盤投・4位、砲丸投・6位
   中村(2A) ハンマー投・4位、やり投・6位、円盤投・8位
   沖崎 ハンマー投・5位
   4×100mR 7位
    ~ 熊谷(1B)・土橋(2C)・平田・寺分
   4×400mR 8位
    ~ 熊谷・土橋・平田・寺分

 その結果、入賞した順位によって与えられる点数により、学校対抗の女子総合3位フィールド部門優勝を果たしました。男子を含め、市内校が各部門の上位を占める中、市内校以外で、唯一、檜山北高校が2つの部門に入賞することができました。練習をがんばることで、地域に関係なく、十分戦えるということを認識でき、また、自信にもなったと思います。昨年の大会と比べ、男女とも、トラック競技での上位入賞、活躍が目立ちました。男子も十分健闘しましたが、女子に比べるとまだまだ努力が必要です。今後に期待したいと思います。
 当日、応援してくださった皆様、ありがとうございました。全道大会は6月12日(火)からの4日間、札幌市厚別公園競技場で開催されます。全道大会に向け、日数が限られていますが、充実した練習を行い、全道大会でも好記録を出せるよう指導します。            
     
08:10
12